“鴻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こう87.1%
おおとり3.2%
おほかり3.2%
くくい3.2%
こうのとり3.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「普請こそ小せえが、木口と言い道具と言い——何のこたあねぇ、又七とでも言いたげな、ふうん、こいつぁちっと臭ぇわい」
助五郎余罪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
空をゆくは地に降り、谷々の岩燕は、瑞雲のように、天に舞った。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一糸も纏わぬ彼女の裸体は、のように白かった。灯明の火が陰影を付けた。紫立った陰影であった。彼女は一つの姿勢をとった。片膝を立て背を曲げた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
は青銅製の四叉になっていて、の羽毛で作った矢筈と云い、見るからに強靱兇暴をきわめ、クリヴォフ夫人を懸垂しながら突進するだけの強力は、それに十分窺われるのだった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)