“鴻門”の読み方と例文
読み方割合
こうもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「わははは、何を戸惑うて。——これ両人、きょうは鴻門の会ではないぞ。いずくんぞ項荘項伯を用いんや、である。のう劉皇叔
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これが真個の押掛けで、もとより大鎧罩手臑当の出で立ちの、射向けのに風を切って、長やかなる陣刀のあたり散らして、寄付の席に居流れたのは、鴻門の会に樊噲が駈込んで
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「無礼なり、魏延、劉封、ここは鴻門の会ではない。われら宗親の会同に、なんたる殺伐を演ずるか。退がれっ、退がれっ」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)