“飛鴻”の読み方と例文
読み方割合
ひこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大陸のとして果てなく、空ゆく飛鴻はこれを知らなくても、何で梁山泊の油断なき耳目がこの情報をつかまずにいようやである。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この男が書いた草書は「飛鴻海に戯れ、舞鶴天にぶが如し」
河岸に立つと、白浪のしぶきは岸砂を洗い、流れは急で、飛鴻も近づかぬ水のであった。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)