“鴻鵠”の読み方と例文
読み方割合
こうこく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さりとて未だ遂げざる大望の計画を人に向って話さば人は呆然としてその大なるに驚くにあらざれば輾然としてその狂に近きを笑わん。鴻鵠の志は燕雀の知る所にあらず。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
「くだらぬことを問うもの燕雀なんぞ鴻鵠の志を知らんやだ。——貴様はもうおれの身を生擒っているんじゃないか。四の五のいわずと都へ護送して、早く恩賞にあずかれ」
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
燕雀んぞ鴻鵠を知らんや」
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)