“胴震”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どうぶる70.0%
どうぶるい20.0%
どうぶるひ10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“胴震”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
のりあたらしい浴衣ゆかた着換きかへて——くだん胴震どうぶるひをしながら——廊下らうかた。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
が、さむさはさむし、こたつのあなみづたまりをて、胴震どうぶるひをして、ちひさくなつてかしこまつた。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ト文三は慄然ぶるぶる胴震どうぶるいをしてくちびるいしめたまましばらく無言だんまりややあッてにわか喟然きぜんとして歎息して、
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
トタンにがらがらと腕車くるまが一台、目の前へあらわれて、人通ひとどおりの中をいて通る時、地響じひびきがして土間ぐるみ五助のたいはぶるぶると胴震どうぶるい
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ぐしや/\と背中せなかたゝきながら、胴震どうぶるひおよんで、くだん出尻でつちりすわらぬところは、落武者おちむしや
銭湯 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)