銭湯せんとう
それ熱ければ梅、ぬるければ竹、客を松の湯の揚場に、奧方はお定りの廂髮。大島擬ひのお羽織で、旦那が藻脱の籠の傍に、小兒の衣服の紅い裏を、膝を飜して控へて居る。 髯の旦那は、眉の薄い、頬の脹れた、唇の厚い、目色の嚴い猛者構。出尻で、ぶく/\肥つ …
作品に特徴的な語句
ちやん いぶ 親父ちやん わづらひ いかつ わつぱ 刺繍ほりもの かたへ てめえ ぶち 一寸いつすん 番頭ばんツ ひつ うへ 小兒こぞう さかしま かたはら 父親おやぢ さう へえ こほ さだま まへ じつ しめ やつ 矢張やつぱり 突入つツぺえ うづま 突立つツた 突込つツこ 小兒がき ちひ 此方こつち こゝろよ たゞ やつこ ならひ をんな はう あひだ きつ わざ とほ ゆる どぢやう あが 引込ひつこ またゝ えれ はね 仰向あふむ なに 突張つツぱ 顛倒てんだう ながし ほゝ おとがひ はひ それ 見惚みとれ かご 機關ぜんまい へり しやが わり 雨乞あまごひ 難有ありがて 反對うらはら 胴震どうぶるひ かひな ばう こら ゆび 朱塗しゆぬり ひき 引張ひつぱ かど 後生ごしやう なが かなら 思切おもひき 裸體らたい 手拭てぬぐひ おほ 蒼筋あをすぢ 芝居しばゐ ふなべり うか 流場ながしば 注意ちうい たゝ