銭湯せんとう
それ熱ければ梅、ぬるければ竹、客を松の湯の揚場に、奧方はお定りの廂髮。大島擬ひのお羽織で、旦那が藻脱の籠の傍に、小兒の衣服の紅い裏を、膝を飜して控へて居る。 髯の旦那は、眉の薄い、頬の脹れた、唇の厚い …
作品に特徴的な語句
羽目はめ 加減かげん 先途せんど 手足てあし 仁王にわう どぢやう 爪尖つまさき 片手かたて かね 間道かんだう 五歳いつゝ 二歳ふたつ 職人しよくにん あつ 四邊あたり 飛出とびだ 迷惑めいわく 一驚いつきやう 飛込とびこ かゝあ 番頭ばんツ 大跨おほまた 三馬さんば 一面いちめん 以來いらい 御沙汰ごさた 大變たいへん 田舍ゐなか 芝居しばゐ 大島おほしま 眞赤まつか 突張つツぱ 濡手拭ぬれてぬぐひ 見向みむ 裸體らたい 大目おほめ 待兼まちか つく だん 姿見すがたみ 朱塗しゆぬり おさ 親方おやかた 以外いぐわい 三助さんすけ 小鼻こばな 必然ひつぜん 雨乞あまごひ 前刻さつき ことわ こひ はら 對手あひて 心事しんじ 反對うらはら 威儀ゐぎ 小兒がき 面當つらあて いかつ 眞直まつすぐ 目色めつき 藻脱もぬけ 思切おもひき 揚場あがりば 英雄えいゆう まる 水船みづぶね 熱湯ねつたう 落武者おちむしや 金太郎きんたらう 居直ゐなほ 水道すゐだう 胴震どうぶるひ 貯蓄たくはへ はね 突入つツぺえ 機關ぜんまい 一升いつしよう 出尻でつちり 厚化粧あつげしやう 本郷座ほんがうざ 留桶とめをけ 通口かよひぐち 飛鳥川あすかがは 湯煙ゆげむり 父樣とうさま 土砂降どしやぶり 下襦袢したじゆばん 行水盥ぎやうずゐだらひ 最一もひと 猫撫聲ねこなでごゑ 遺兒わすれがたみ 括頤くゝりあご 掬出くみだ 搖上ゆりあ 流場ながしば