二葉亭四迷の一生ふたばていしめいのいっしょう
二葉亭の歿後、坪内、西本両氏と謀って故人の語学校時代の友人及び故人と多少の交誼ある文壇諸名家の追憶または感想を乞い、集めて一冊として故人の遺霊に手向けた。その折諸君のまちまちの憶出を補うために故人の一生の輪廓を描いて巻後に附載したが、草卒の …
作品に特徴的な語句
むなしゅ はあと せい ほん 加之のみ つぶ タイトルページ たん 失敗やりそこ 紛糾いりく はっ かろ こび 尋常ひととおり ちっ むかっ しい うし だめ いざ 加之しかのみ とっ にぎ あず 豈夫まさ おとの かたわ あた わずらい ふとこ あて 洒落しゃらく 勿論もちちん そぞ うず 夕陽いりひ ぬき 挫折ぶっくじ 翫弄なぶりもの けな しる 所為まね かたわ そびら 腹這はらんばい おの 反映てりか 遺骸むくろ 蹲踞うずく なす かみ むろ すく いさぎ あた あせ がえ つた おろそ すこ かん ひそ たのみ つて 仮托かこつけ 飛沫とばしり わざ 人生ジーズニ わずら おさ むな 交際づきあい かげ しみ いな 辛抱がまん 理解のみこ よっ ぬす あらた はず いた かご よんどこ あなが