長篠合戦ながしののかっせん
元亀三年十二月二十二日、三方ヶ原の戦に於て、信玄は浜松の徳川家康を大敗させ、殆ど家康を獲んとした。夏 信玄が、三方ヶ原へ兵を出したのは、一家康を攻めんとするのではなく、三河より尾張に入り岐阜を攻めて信長を退治し、京都に入らんとする大志があっ …
作品に特徴的な語句
すく ねぎ しゅっ よばわ あざむ はりつけ ほとり こうべ 三方みかた もと 彼奴かやつ あぜ はし かね 刑部おさかべ 吹返ふきかえし そその ばん ずつ 宿しゅく めぐ 彼方あちら のち また いか かな 旗下きか ふる あが それがし わたし ひとり 猿橋えんきょう かぶと おい 脇備わきぞなえ まみ ぐつわ 下裾しもすそ 中原ちゅうげん なが 乾堀からぼり 作手つくりて 信廉のぶかど 信成のぶなり うつむ まま 八幡はちまん 兼々かねがね かぶと 出沢すざわ 刎返はねかえ 刑部ぎょうぶ 前立まえだて 周章あわ いなな はや とら 団扇うちわ 夷舞えびすまい いず ひそ 屡々しばしば 弓削ゆげ 弦走つるばしり 弾疵たまきず こた 忠世ただよ 我儘わがまま 所以ゆえん 掃部かもん おきて たた 昌景まさかげ さら 晒首さらしくび しばら きた くい かん 正親まさちか 武節ぶせつ 殿しんがり 母衣ほろ 氏次うじつぐ 氏郷うじさと 法性ほっしょう 流石さすが 海野うんの 滋井しげい 無楯たてなし あお 用間ようかん 甲冑かっちゅう きず ちか とな えびら