“用間”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ようかん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“用間”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
跡部等が強硬に一戦を主張した裏には、信長の用間ようかんに陥り、佐久間信盛が戦い半ばにして裏切ることを盲信して居たからだとも伝えるが、この事は単なる伝説であろう。
長篠合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)