“乾堀”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
からぼり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乾堀”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
北は丸山、大宮辺から南は豊川の流れ近い竹広あたりまで二十余町の間、二重二重に乾堀からぼりを掘り土手を築き、且つ三四十間置きに出口のある木柵を張りめぐらしめた。
長篠合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)