第二菎蒻本だいにこんにゃくぼん
雪の夜路の、人影もない真白な中を、矢来の奥の男世帯へ出先から帰った目に、狭い二階の六畳敷、机の傍なる置炬燵に、肩まで入って待っていたのが、するりと起直った、逢いに来た婦の一重々々、燃立つような長襦袢ばかりだった姿は、思い懸けずもまた類なく美 …
作品に特徴的な語句
きらい すわ 寂寞さみ はや なか すがっ ねぎ あらたま おいし きまり 帰途かえるさ かえ あい 垂々ぽたぽた 熟々しみじみ よし 穿はき かッ わけ ひとつ 風采ふう 女房おかみ かき にじ あざわら 勘定つけ つッ やさし 引掛ひっかけ 悚然ぞっと かけ すき 女中ねえ あかる おおき まさ たま さかり ほっそ 出勤 もよおし つぐない 遊女つとめ にが 車夫わかいしゅ しま ひっ はり なり おもい あやし くわ 一時ひととき わか 風采なり 小留こや ふり でっ 風俗ふう あが ゆら 嬰児あかんぼ さす なまめ おとがい つむり へだて 間諜まわしもの そめ 洋傘かさ いか ひと ほつ すみ あかり 可哀あわれ とお 退 単衣ひとえもの しっか わし ごし 誰彼たそがれ くれない ことづ ゆわ 衣更きか せん わき 融通ゆずう