“準備”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
したく52.5%
じゆんび15.2%
じゅんび12.1%
ようい9.1%
こゝろがまへ2.0%
じたく2.0%
ととの2.0%
おしたく1.0%
こしらへ1.0%
こゝろまうけ1.0%
したしらべ1.0%
そなへ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もう明日の朝の準備をしてしまって、さきの二合をめるようにして飲んでいた主翁は、を持ったなりに土間の方へ目をやった。
黄灯 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
又護身の用として余は三尺の秋水たへ、小西、森下、深井、石田の四君は各「ピストル」を携帯し、人夫は猟銃二挺を準備したり。
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
竜宮行をするに、所中そのお参拝したのでございますが、それがつまりりて竜宮行準備だったのでございました。
マーキュ ぢゃ、調子せて? 吾等樂人扱ひにするのか? 樂人扱ひにりゃ、顛覆らする音樂す。準備せい。
にはポヽロの廣こうぢに出でゝ、競馬の準備を觀、夕にはコルソオの大道をゆきかへりて、店々の窓にせる假粧の衣類をしつ。
そして、寡婦は親戚の家へ往って、せっせと餅搗を手伝ったが、思うようにはかどらなかったために、やっと終って帰り準備をしていると日が暮れた。
白い花赤い茎 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
服装もチャント、準備ったのである。夫は不思議にたえない。で、ある晩に彼女にたずねた。
頸飾り (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
カピ長 さらば、づおりあれ。なれば木曜日めまする。……うて、當日準備をさせたがよい。……おさらばでござる。
星の、雪の くしくなる準備かな だ頽廃の人の心 悲しくも住むに堪へざるを
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)