“ととの”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トトノ
語句割合
調63.7%
23.9%
3.8%
2.1%
1.3%
準備0.9%
0.9%
0.4%
均整0.4%
0.4%
完成0.4%
整調0.4%
直整0.4%
調整0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
秋の水の面、黄金色の葦、その周囲に紅葉した桜の枝と、遠く沈んだ緑色の杉叢、軽い、水彩画風の陵丘の姿が、調った遠景となる。
準備をえていさえすればいかに卑近な教えでも、いかに些末な忠告でも、必ずこれを受け取って発芽して、花咲かせて実るものと思う。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
自分の一身を修め自分の一家をえる事も出来ない人が一国の政治を論議するなんぞとな顔をしているし
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
用意洩れなくえて待ち受けていべきはずの与惣次が——? 小太郎は首を捻って、勘次ともどもまた激しく戸を打ったが、何のえもない。
それより共に手伝ひつつ、の弓に鬼蔦をかけ、生竹く削りて矢となし、用意やがてひける。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
「何からなにまで、法どおりに準備えおったらしいぞ。」
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「ことがわなくて、再びあなたにくようなことがあってはと思います。私は先ず魂を以ていたいと思います。」
連城 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
二氣の正しきに乘り、五行のへ、しき理をけてめ、れたるを敷きて國を弘めたまひき。
水齒別の命、多治比柴垣の宮にましまして、天の下治らしめしき。天皇、御身九尺二寸半。御齒の長さ一、廣さ二。上下等しくひて、既に珠をけるが如くなりき。
そうしてその身軽そうな均整った身体つきは
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
友三郎さんが何食わぬ顔で西川家の店先へ現れた時は手筈が万端っていたのだった。その次の日曜に伯父さんは
脱線息子 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
最後にそのすべてを完成えるように、どうやら老犬らしい奴のバスが、こいつは犬としてもよほど声量をたっぷり恵まれているらしく、音楽会が最高潮に達したおりの
詩の対像には持って来いだ。これほど整調った肉体は欧羅巴婦人にもないだろう。
喇嘛の行衛 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
呼吸げに途絶え途絶え、隙間をれて聞ゆるにぞ、お通は居坐直整えて、畳に両手をえつつ、行儀正しく聞きいたる、打ふるえ、髪ゆらぎぬ。
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
調整えるに、他意のない折である。兵を多くよこせば、失費も多い。そこで非難は浴びても、費用を
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
故に前年せて天下の神宮をへ、去歳く天下をして釈迦牟尼仏の尊像高一丈六尺なるもの各一鋪を造り並に大般若経一部を写さ令めき。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)