脱線息子だっせんむすこ
寿商店の独息子新太郎君が三度目の診察を受けた時、丹波先生は漸く転地を勧めてくれた。 「山が好いでしょう。一月ばかり呑気に遊んで来れば直りますよ」 と子供の頃から手にかけているから、新太郎君の容態を兎角軽く見る。新太郎君は又重く言う癖がある。 …
作品に特徴的な語句
なあん ぱな ことず ととの 良人りょうじん そもそ おろ 飛沫とばっちり あっし たか 道理わけ たった 祖父じじい はぐ けたたま いず たたかい かわ まず せい かこつ 後継あと つな おく 彼方あっち うる いで くら よそ ことな 穿 其方そっち まっと ほん こわ はた はた ないがし 効能こうのう ぶん きび ざま かえ 店主ボス つぶさ 先刻せんこく よんどこ いさぎよ かえりみ だけ あが はず あま 夜更よふか 周囲あたり おだ 病症びょうしょう びき ばばあ 大勢たいせい ひと しゅうと 此方こっち 如何いかが 執着しゅうちゃく へん おおい 大事おおごと 彼方あちら 彼処あすこ かた おぼ じつ こう じゃ たく