“店主”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おやじ50.0%
たなぬし50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“店主”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会 > 社会学3.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
店主おやじの小田亀造ちゅうのは、アメリカの駆逐艦のコックをしとったとかいう面白い男でな、註文してあるけ、あとで来るじゃろが、チャップリンとか、チャプスイとかいうような、珍しい料理も作る。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
したがって市の店主たなぬしからは店銭たなせんと称し、また興行の勧進元からは櫓銭やぐらせんと称して、相当の報酬を取る。
賤民概説 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)