賤民概説せんみんがいせつ
「賤民」の研究は我が民衆史上、風俗史上、最も重要なる地位を占むるものの一つとして、今日の社会問題を観察する上にとっても、参考となすべきものが少くない。しかしながらその及ぶ範囲はすこぶる広汎に渉り、予が …
作品に特徴的な語句
御家人ごけにん たで 名告なの あがな 座頭ざとう 茶筅ちゃせん 下人げにん 使嗾しそう 弓弦ゆんづる かいこ そし 御祖みおや 窈窕ようちょう ひさご ささら まも 優婆塞うばそく 高志こし 天部あまべ 奴婢ぬひ 家人けにん 放免ほうべん 懸想文けそうぶみ 犬蓼いぬたで 腥膻なまぐさ 栂尾とがのお 鉦鼓かねたいこ 祝言ほかいごと えびす 犬神人つるめそ 道祖神さいのかみ 御坊おんぼ 素戔嗚尊スサノヲノミコト 御文おふみ 頭陀ずだ 神子みこ 駆使はせつかい 餌取えとり 土師はじ 国造くにのみやつこ 餌差えさし 垣内かいと 土師部はじべ しし 丈部はせつかべ 大大名おおだいみょう 奇稲田姫くしなだひめ 屠者えとり 来人きたりにん 浄人きよめ 神人じにん 遊行女婦うかれめ 革堂こうどう 傀儡子かいらいし 部曲べのかき 間人はしひと 伴造とものみやつこ 余戸あまりべ 屠児えとり 使用人つかいびと 夙人はやびと 天日槍あまのひぼこ 店主たなぬし 駆使部はせつかべ