賤民概説せんみんがいせつ
「賤民」の研究は我が民衆史上、風俗史上、最も重要なる地位を占むるものの一つとして、今日の社会問題を観察する上にとっても、参考となすべきものが少くない。しかしながらその及ぶ範囲はすこぶる広汎に渉り、予が従来学界に発表したるものの如きは、いずれ …
作品に特徴的な語句
もし 祝言ほかいごと とぎ だか さが ところ しゅく つかさど いわん うらない ばら 御坊おんぼ 旅人たびにん よろい すり 部曲べのかき 鉦鼓かねたいこ 駆使はせつかい 余戸あまるべ はち 御坊おんぼう 放免ほうべん たまり 神人じにん 伴造とものみやつこ 余戸あまりべ さむらい 垣内かいと はや まか いえ 宿しゅく 店主たなぬし 座頭ざとう 弓弦ゆんづる 御文おふみ 御祖みおや もと 来人きたりにん たが 鉢坊はっちぼう 間人まうと こうべ 丁稚でっち 丈部はせつかべ 上方かみがた 下人げにん 下司げす 中間ちゅうげん これ 乞胸ごうむね 二荒ふたら 余目あまるめ 使嗾しそう 僻陬へきすう 化者ばけもの とお 十無とおな 半端はんぱ 又者またもの 合火あいび 名告なの 品部ともべ くら 国造くにのみやつこ 土師はじ 壟断ろうだん 売僧まいす 夙人はやびと 天部あまべ えびす 奴婢ぬひ 守戸しゅこ しし 家人けにん 屠児えとり 屠者えとり 店売たなうり 店銭たなせん 弦召つるめそ 弦売つるうり 弦差つるさし 弦指つるさし ほしいまま うやうや たす ひら 捕子とりこ くら 木偶でく 栂尾とがのお