“伴造”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
トモノミヤツコ66.7%
とものみやつこ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“伴造”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 社会・家庭生活の習俗6.7%
社会科学 > 社会 > 社会学3.0%
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
職の神聖なる長者は、宮廷式に言へば、伴造トモノミヤツコであつたらしいが、其宮廷直属の、由来久しいものと信ぜられたのは、特に伴緒と称してゐたらしい。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ほかひの家元とも言ふべきよごと部・ほかひ部の伴造トモノミヤツコではないか。
相聞の発達 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
古えにいわゆるハシヒト(間人)の範囲がどれだけのものを含んでいたかは明らかでないが、いわゆる丈部はせつかべなる駆使丁の徒はもとより、大化以前にあっていわゆる伴造とものみやつこの下に属し、雑多の職業に従事した部民の如き、或いは臣連等所属の部曲の如きは、すべてこの間人の類であったらしい。
賤民概説 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)