“伴野”の読み方と例文
読み方割合
ともの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飯田に、山吹に、伴野に、阿島に、市田に、座光寺に、その他にも熱心な篤胤の使徒を数えることができる。この谷だ。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
駒場の医者山田文郁浪合増田平八郎に浪合佐源太なぞの顔も見える。景蔵には親戚にあたる松尾誠(多勢子の長男)もわざわざ伴野からやって来た。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
文久年代に上京した伊那伴野村の松尾多勢子、つづいて上京した美濃中津川浅見景蔵、いずれもまず彼のもとに落ちついて、伊勢屋に草鞋をぬいだ人たちだ。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)