“国造”のいろいろな読み方と例文
旧字:國造
読み方(ふりがな)割合
くにのみやつこ61.5%
くにつこ15.4%
くにのみやつこの7.7%
こくぞう7.7%
クニノミヤツコ7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あとの七十七人の方々かたがたをことごとく、地方地方の国造くにのみやつこ別稲置わけいなぎ県主あがたぬしという
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
その後まもなく、その播磨はりまの国へ、山部連小楯やまべのむらじおだてという人が国造くにのみやつこになって行きました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
大族おほうから国造くにつこ祖先神みおやがみ
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
昔、昔、那須の国造くにつこが、八溝山やつみぞさん八狭やざま大蛇おろちを退治しなければならないために、それには、どうしても駒ヶ岳の天津速駒あまつはやごまに乗り、乗鞍ヶ岳から天安鞍あめのやすくら
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
出雲国造くにのみやつこの神賀詞カムヨゴトに見えた、「をち方のふる川岸、こち方のふる川ぎしに生立(おひたてるヵ)若水沼間ワカミヌマの、いやわかえに、み若えまし、すゝぎふるをとみの水のいや復元ヲチに、み変若ヲチまし、……」とある中の「若水沼間」は、全体何のことだか
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
街道の思い出で、出雲から但馬路を経てこの村を通過した国造こくぞう家(出雲大社の千家)を迎えたことがあった。
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
八十日々ヤソカビはあれども、今日の生日イクヒ足日タルヒに、出雲国造クニノミヤツコ姓名恐み恐みも申したまはく……手長タナガの大御世をイハふとして……」
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)