日本文学の発生にほんぶんがくのはっせい
何度目かの日本文学の発生を書くことになつた。此には、別に序説のやうなものがあつて、此文章と殆ど同時に発表することになつてゐるから、具体的なことを、落ちついて書き進めても、さし支へはないのだと言ふ、安堵のやうなものがあつて、之を書くことが、今 …
作品に特徴的な語句
オフ アタヒ ウマ ソバ タヽ タヒラ ミキ クギ カヘシ 嫉妬ウハナリネタミ マヲ マヲ マジナ イダ ゴト タテマツ トホ マツ ユル ユハ ハヤ タラ ツマ ツマ アカ カタ ユタ クグヒ ハグヽ コト ナカ マチ カタ 女神メガミ 爽快サワサワ オノヅカ ヤラ イダ トヽノホ 直下チヨクカ 寿 シカ オト ハラバ 年長オイ 棟梁ムネウツバリ さきだ ヲカ アマ 後妻ウハナリ 手馴テナ ならは アラ 主題テマ アマ フル アカ ウタ コト アヤマ シヅ カネ 国造クニノミヤツコ 大根オホネ マツ 女性ニヨシヤウ 客人マレビト 家長イヘヲサ 山背ヤマシロ 本末モトスヱ モノ 五百イホ クツ 神官カムツカサ ミソギ 草葉カヤ
題名が同じ作品
日本文学の発生 (新字旧仮名)折口信夫 (著)