元禄十三年げんろくじゅうさんねん
問題を入れた扇箱「いや、勤まらぬことはありますまい。」 土屋相模守は、じろりと二人を見た。 「勤まらぬといってしまえば、だれにもつとまらぬ。一生に一度のお役であるから、万事承知しておる者は、誰もないの …
作品に特徴的な語句
まぎら あわ だか 準備ととの 現金もの つく よし いじく 斑点とらふ 機会きっかけ いら なお たず 周旋せわ 注意きをつけ かか たか 修繕ていれ しん 証拠しるし 随意おもう 仮漆かしつ わき いた 哄笑わら 媚笑わらい 尋常よのつね こと 上野こうずけ くだ かわ 全面そうたい 初春はつはる 勿論もとより 命名なづ こび 工作しごと わざ 憂憤ゆうふん うけたまわ さから 松飾まつ 柴折しお しお きよ 番頭ばんがしら 百両いっそく 羽掻はが 記憶おぼ 賄賂まいない さか のが 逡巡ためら つか 郷藩くに 鉛丹たん 一個ひとつ 中啓ちゅうけい 了解りょうかい あらそ 人気ひとけ じん 他人ひと 侮辱ぶじょく 偉躯いく 側女そばめ かし 元料もと 先方さき 公卿くげ 内輪うちわ まる 凝視みつ 出来しゅったい 刃傷にんじょう 勅旨ちょくし 勘忍かんにん かわや 口実こうじつ 口説くど 吉良きら うめ 嘲弄ちょうろう 在室いで 堂上どうじょう 外記げき 多湖たご