元禄十三年げんろくじゅうさんねん
問題を入れた扇箱「いや、勤まらぬことはありますまい。」 土屋相模守は、じろりと二人を見た。 「勤まらぬといってしまえば、だれにもつとまらぬ。一生に一度のお役であるから、万事承知しておる者は、誰もないのです。みな同じく不慣れである。で、不慣れ …
作品に特徴的な語句
まぎら だか あわ 現金もの 準備ととの つく なお いら 機会きっかけ 斑点とらふ いじく たず たか かか 注意きをつけ 修繕ていれ 随意おもう 証拠しるし 周旋せわ よし しん 仮漆かしつ わき いた こと 哄笑わら 尋常よのつね 媚笑わらい 番頭ばんがしら 百両いっそく きよ しお 羽掻はが 柴折しお 松飾まつ さから うけたまわ 憂憤ゆうふん わざ 記憶おぼ 賄賂まいない 工作しごと さか こび のが 逡巡ためら 上野こうずけ くだ 命名なづ つか 郷藩くに かわ 勿論もとより 鉛丹たん 初春はつはる 全面そうたい 胡麻ごま たか 発駕はつが 白眼にら 百両ひとつ 一個ひとつ 鯉口こいぐち 高砂たかさご またた 石町こくちょう 穿 粗忽そこつ 高価たか 精進しょうじん 糸重いとえ 納戸なんど 飽気あっけ まぎ 細工さいく 羅度らど 頼母たのも くび 鞭撻べんたつ 翻弄ほんろう 靱負ゆきえ 面壁めんぺき 老人としより したた 酔興すいきょう くば 請人うけにん