“工作”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうさく66.7%
しごと33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ていへんにはすで夥多あまた水兵すいへいあつまつてて、最早もはや工作こうさくはじまる模樣もやう
すなは太古たいこ國民こくみんかならずしもいし工作こうさくして家屋かをくをつくることをらなかつたのではない。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
そこの工作しごと場だった。
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)