“胡麻”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“胡麻”を含む作品のジャンル比率
技術・工学 > 家政学・生活科学 > 食品 料理2.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「知ってる、僕も名前だけは大いに聞いている、それから最近、お角という奴が、妙に胡麻ごまをすっていることも知っている」
十分の休み時間には、この溜り一杯胡麻ごまを散らしたように、児童たちが真黒まっくろむらがって走りまわっていた。
簪を挿した蛇 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)