“胡麻白”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごまじろ66.7%
ごましろ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“胡麻白”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
親達は禿頭をてか/\させたり、胡麻白ごまじろ丸髷まるまげかしげたりしてつて来た。
実際テオドラ夫人の手料理は美味うまかつた。尾崎氏は肉汁スープで汚れた胡麻白ごまじろの口髯をひねりながら、料理について色々な事を話した。
老教師はその紙包を戴いて何麽どんな事があつても、馬左也氏の名前だけは忘れまいと胡麻白ごましろの頭を幾度か下げて引下ひきさがつた。
如何いくよめいびりの胡麻白ごましろばあさんでも此時このときだけはのんびりして幾干いくら善心ぜんしんちかへるだらうとおもはれる。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)