“旦道”の読み方と例文
読み方割合
たんだう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
如何いびりの胡麻白さんでも此時だけはのんびりして幾干善心ちかへるだらうとはれる。し、清明季節高地旦道などし。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)