“旦藁”の読み方と例文
読み方割合
たんこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奈良阪や打つ山の八重桜 旦藁
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
青柿や壁土こねて休み居る 旦藁
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
つむ本の木口ぞ古き秋の暮 旦藁
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)