“たんこう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
淡紅23.8%
炭坑19.0%
旦藁9.5%
炭鉱9.5%
端公4.8%
丹紅4.8%
探鉱4.8%
淡黄4.8%
炭礦4.8%
短後4.8%
貪饕4.8%
鍛工4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
池のを逍遥して古い石像の欠けたのなどを木立の中に仰ぎ、又林の中に分入つて淡紅の大理石を畳んだ仏蘭西建築の最も醇化されたトリアノンの柱廊にり掛り
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
木賃宿を泊り歩いているうちに周旋屋にひっ掛って、炭坑へ行ったところ、あらくれの抗夫達がこいつ女みてえな肌をしやがってと、半分は稚児めの気持と
競馬 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
青柿や壁土こねて休み居る 旦藁
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
大昔も、炭鉱で海底に出ているのもありましたね。ああいうものがもっと大仕掛になったのです。人も住んでいます。街もあります。海底トンネルというのが昔、ありましたね。
三十年後の東京 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「たしかに、その首枷野郎と端公の三人づれは、こっちの方角へ逃げたと途々聞いたんだ、兄貴にも知らせて、取ッ捕まえずにおくものか」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「どうにも、こうにも、そんなお話しじゃあ、てまえ一存ではさばけません。とにかく、端公は連れたままでも、梁山泊までお越しなすって」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
爪紅のやうに、しかしもつと情感的な丹紅らせながら、ピンと張りきつた彼女の腹部の皮膚が、その印象がきびしく自らの眼にあざやかだつた。
青いポアン (新字旧仮名) / 神西清(著)
今頃探鉱など来るはずあなぃな。)嘉吉は豆のを口に入れた。音がこちこちまたった。
十六日 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
極度の白きをわざとけて、あたたかみのある淡黄に、奥床しくもらを卑下している。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
炭礦の煙りを浴びて、黒い呼吸をせぬ者は人間の資格はない。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
似而非賢者何程のことやあらんと、蓬頭突鬢垂冠短後の衣という服装で、左手に雄雞、右手に牡豚を引提げ、に、孔丘が家を指して出掛ける。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
爵位がく、俸禄が厚いに係わらず、国に報ぜんことを思わないで、貪饕を務めて、鈔金三百錠を受け、法をげて裁判をし、銀五百両を取って、理を非に枉げて良民を害したから
富貴発跡司志 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
釈迦はその晩年、その思想いよいよ円熟するに従て全く菜食主義者ではなかったようである。見よ、釈迦は最後に鍛工チェンダというものの捧げたる食物を受けた。
ビジテリアン大祭 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)