“ピンク”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
桃色27.3%
9.1%
淡紅9.1%
淡紅色9.1%
石竹9.1%
石竹色9.1%
精華9.1%
軍票弗9.1%
輝紅9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伸子の室は、幾分ポンパドゥール風に偏した趣味で、桃色ピンク羽目パネルを金の葡萄蔦ぶどうづた模様で縁取っていて、それは明るい感じのする書斎づくりだった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
グリイスンとマッカアセイが第一の着物を見つけた繁みから、小川に沿って歩きながら、彼は、川岸の、泡のような氷の粒つぶの下に、桃色ピンクの地にレイスの附いた布が浮かぶとも沈むともなく漂っているのを認めた。
双面獣 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
ロミオ では、わし舞踏靴ぶたふぐつ名譽めいよなものぢゃ、此通このとほピンクだらけぢゃによって。
時には、極光オーロラのように開口いっぱいに噴出し、はじめは淡紅ピンク、やがて青紫色に終るこの世ならぬ諧調が、キラキラ氷河をわたる大絶景を呈するのだ。
人外魔境:10 地軸二万哩 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
水そばの苹果緑アツプルグリン石竹ピンク
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
かう云ふ場所の十二時前はまだ宵であるから客は少ないが、石竹色ピンクの薄絹から腕を長く出した踊子の露西亜娘が二十人程、五色の光の中に娘同志で踊つてゐる。
マーキュ はて、禮法れいはふにかけては一だい精華ピンクともあがめられてゐる乃公おれぢゃ。
ロミオ 精華ピンクとは名譽めいよ異名いみゃうか?
大きく出たそうですし、たかが一ドルのことだし、それに、軍票弗ピンクで買うと、五割の利子がついて、本国弗グリーンになって返ってくるというところが魅力なんで、大勢のなかには、五年がかりで貯めこんだ更生資金を、そっくりつぎこんだ
あなたも私も (新字新仮名) / 久生十蘭(著)