『春と修羅』『はるとしゅら』
心象スケツチ 春と修羅 大正十一、二年 わたくしといふ現象は 仮定された有機交流電燈の ひとつの青い照明です (あらゆる透明な幽霊の複合体) 風景やみんなといつしよに せはしくせはしく明滅しながら い …
作品に特徴的な語句
ひえ 嘆息たんそく 芝生しばふ たで 章魚たこ 緑青ろくしやう 咀嚼そしやく 駝鳥だてう 海鼠なまこ 燦々さんさん かがり 天蓋キヤノピー でん 黒檀こくたん 気取きど かど きのこ 燕麦オート 錯綜さくそう 髪毛かみけ 三日月みかづき 剽悍へうかん 苹果りんご 馭者ぎよしや 沈澱ちんでん たく 瓔珞やうらく 高価たか 口調くてう 団子だんご 烏瓜からすうり 石竹ピンク 落葉松ラリツクス 白金はくきん より 古風こふう 嫩葉わかば 常套じやうたう 雑木ざふぎ うすもの 心細こころぼそ 交錯かうさく 赤銅しやくどう 眼路めぢ 臨終りんじゆう 亜鉛あえん 鬼神きじん 浮標ブイ 旅行りよかう 四十雀しじふから 日射ひざ 精進しやうじん 赤楊はん 薄明はくめい カルパ 二重ふたへ 師父しふ 青銅ブロンヅ 気軽きがる 陰惨いんざん 悪漢わるもの 爬虫はちゆう 蓴菜じゆんさい 三角さんかく 脚夫きやくふ 陸稲をかぼ 枯草かれくさ つき 牛酪バター 射手しやしゆ 漂着へうちやく 山峡さんけふ 暖炉だんろ 穹窿きゆうりゆう 馬橇ばそり 幻燈げんとう 清澄せいとう 盤面ダイアル 電柱でんちゆう 満潮まんてう 喪主もしゆ 堆肥たいひ 敷物カーペツト 泥炭でいたん プラウ 硼酸はうさん 因子いんし 明暗めいあん 寒天アガア 讃歌さんか 目立めだ 仮死かし じゆん 悪路王あくろわう とも 藍靛インデイゴ