『春と修羅』『はるとしゅら』
心象スケツチ 春と修羅 大正十一、二年 わたくしといふ現象は 仮定された有機交流電燈の ひとつの青い照明です (あらゆる透明な幽霊の複合体) 風景やみんなといつしよに せはしくせはしく明滅しながら いかにもたしかにともりつづける 因果交流電 …
作品に特徴的な語句
あだ かげ もご うな ちやう だふ どご くわう しゆ ザエ せい はい ちぢ 一日いちにぢ つなぎ キン 何時いづ 黄金キン カルパ 此処こご はじ だん 山峡さんけふ たい 饗応きやうおう ぼう 菩提ボージユ れき やう まつ 洋傘かうもりがさ せい 雑木ざふぎ くわん くす ぐん 満潮まんてう 臨終りんじゆう 吹雪フキ 肌膚きふ 髪毛かみけ 清澄せいとう ちよう 白金はくきん 四方しはう 敷物カーペツト えい プラウ 牡丹ピオネア 蠕虫ぜんちゆう でん ぢい 天蓋キヤノピー どう くわ かがや さを 冠毛くわんもう 青銅ブロンヅ 舞手をどりこ 企画プラン 漿しる はひ おり 見当けんたう 亜鉛あえん 常套じやうたう 電柱でんちゆう 虚無きよむ 岩塊ブロツク 酵母かうぼ 石竹ピンク 鹿しし 洋燈ラムプ 毛布けつと 高級ハイグレード 玲瓏トランスリユーセント 薄明はくめい あた めん 燈籠とうろ 寒天アガア 燕麦オート 藍靛インデイゴ 玉髄キヤルセドニ たく 蛍光けいくわう