“企画”のいろいろな読み方と例文
旧字:企畫
読み方割合
きかく45.5%
もくろみ18.2%
プラン18.2%
くわだて9.1%
たくらみ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
思いきや、世乱風騒のここ幾年を経てみれば、かれの独りえがいていた良心の企画は、みなその反対な現実を築造していた。そして心ひそかに
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
父は、初めから企画を賛成してはゐなかつた。忰が生涯を捧げようとまでしてゐる理想に対しても、たゞ、ほんの若い者の気紛れ位にしか考えてゐなかつた。父は二言目にはよく
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
モスクワの科学翰林院は、第二次五カ年計画期間中における文化的国家事業として、三つの企画をあげ、国民教育省および国家計画委員会を通じて中央委員会に提出し
地底獣国 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
時代に於て着眼はる聡明であると云わねばならぬ。が、彼の企画は不幸にも失敗に終った。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
すべて、私念といふ陋劣い心があればこそ、人間種々企画を起すものぢや。罪悪の源は私念、私念あつての此世の乱れぢや。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)