晶子詩篇全集拾遺あきこしへんぜんしゅうしゅうい
別れてながき君とわれ 今宵あひみし嬉しさを 汲てもつきぬうま酒に 薄くれなゐの染いでし 君が片頬にびんの毛の 春風ゆるくそよぐかな。」 たのしからずやこの夕 はるはゆふべの薄雲に 二人のこひもさとる哉 おぼろに匂ふ月のもと きみ心なきほゝゑ …
作品に特徴的な語句
よき アン 恐怖おびえ よそ わなゝ 幻想ヴイジヨン 暖炉ストオヴ かぐ 莞爾にこにこ いろ おほよ をのの あけ 囚人つみびと よぼろ ちさ 詭計たばか おほ たゆ 私語ささめき もおり おほい べる づま あら 草鞋サンダル 憎悪ねたみ あづか 所為わざ すが ない おやぢ やぶさ 御声みこゑ ううち かざ いづ おつ 生死しやうじ よろひ 目眩めくる 酒杯クウプ 空虚からつぽ かく 躊躇ため 犠牲にへ すゞ 商人あきびと 水注みづさし 何方いづかた 真実ほんたう ひとへ 砂丘しやきう 夫人マダム また しゆ 中風ちゆうぶ しば うつ ちやつ いだ 調てう しる いほ はり いと 黄金わうごん 青青せいせい 四方しはう 集団かたま たへ 客人まらうど 室内うち 当世たうせ 往来ゆきゝ くれなゐ 白金はくきん 洪水おほみづ いはん なれ 梅雨つうゆ ひんがし 昨夜よべ おもひ 花瓶はながめ しやう 良人うち