青いポアンあおいポアン
第一部 明子は学校でポアンといふ綽名で通つてゐた。ポアンは点だ、また刺痛だ。同時にそれが、ポアント(尖、鋭い尖)も含めて表はしてゐることが学校仲間に黙契されてゐた。特に彼女の場合、それは青いポアンであつた。 明子はポアンといふ名に自分の姿が …
作品に特徴的な語句
うれ 黄玉トパアズ わらい しる うる しずく まだ とお よび やさ くう 日光ひかげ むらが 仮令たとえ もら しか のば あらわ みた きずつ ひら うたがい 退 におい つる 真前まんまえ 嬰児えいじ さき ひろが はじ いくさ おこ わず あわれ わざ 膏脂こうし 濾過ろか 火照ほて 煉瓦れんが 爪立つまだ 爪紅つまべに さわ ねら ずる 狡猾こうかつ 玩具おもちゃ 畏怖いふ ちが 畸形きけい 痕跡こんせき 百合ゆり 真似まね まぶ ひとみ 眼醒めざ 眼鏡めがね にら だま まぶた 砂利じゃり わざわい かく まれ 空洞うつろ 突嗟とっさ あな うかが 符牒ふちょう ただ 綺麗きれい ほころ 綽名あだな すべ 総身そうみ すが まゆ 羞恥しゅうち みち しきい さえぎ つい 退 輪廓りんかく おど あやま