競馬けいば
朝からどんより曇っていたが、雨にはならず、低い雲が陰気に垂れた競馬場を黒い秋風が黒く走っていた。午後になると急に暗さが増して行った。しぜん人も馬も重苦しい気持に沈んでしまいそうだったが、しかしふと通り魔が過ぎ去った跡のような虚しい慌しさにせ …
作品に特徴的な語句
インケツ ニゾ サンタ オイチョ ナキネ カブ コーナー ゴケ ロッポー シスン はずか どう あおぐろ 祝儀チップ めず つか やわらか 駄馬バテ かたくな かご ぼう あて やわら さい 騎手きしゅ 頓着とんちゃく ひび だれ 脂肪しぼう かげ さか へき 狂気きょうき 炭坑たんこう さつ くら かか おさ あわただ なま きら よめ むすめ 嘲笑ちょうしょう さき 一代かずよ 刺青いれずみ 厩舎きゅうしゃ 今日きょう かわ あお 蒲団ふとん 莫迦ばか 二人ふたり 苦悶くもん 苛々いらいら いじ 芝生しばふ 自虐じぎゃく へそ 腰巻こしまき 腫物はれもの うで くさ 脱糞だっぷん 脚気かっけ 京極きょうごく どう かた はら はだ 聯想れんそう あく 羨望せんぼう 美貌びぼう 編輯へんしゅう 綽名あだな 綽々しゃくしゃく 絶叫ぜっきょう ねむ 皮膚ひふ 真蒼まっさお にら
題名が同じ作品
競馬 (新字新仮名)犬田卯 (著)
競馬 (新字新仮名)吉川英治 (著)