“絶叫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぜっきょう72.4%
ぜつけう17.2%
さけび6.9%
ぜつけふ3.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
絶叫、物音、すべて一瞬のまである。閣外の官兵もザワザワと混み入って来て、たちまち花栄の体を高手小手の縄目としてしまった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
船長一等運轉手つて、船橋り、り、後甲板せ、前甲板ふて、りに絶叫した。水夫
短銃の筒口に濃き煙の立つと同時に泰助が魂消る末期の絶叫、第三発は命中せり。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
絶叫するもの、ハムレツトのみならんや。
「罪と罰」の殺人罪 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)