“猛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たけ85.5%
もう4.0%
まう2.5%
2.0%
たけし1.5%
あら1.0%
さか1.0%
はげ1.0%
たけき0.5%
たけだけ0.5%
だけ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
り立った智栄尼を俊良は奥二階へ連れて行き、左内と共に哀訴嘆願。男子が二人揃って何度お辞儀をしたか拝んだか分らなかった。
備前天一坊 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
似而非賢者何程のことやあらんと、蓬頭突鬢垂冠短後の衣という服装で、左手に雄雞、右手に牡豚を引提げ、に、孔丘が家を指して出掛ける。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
今しも三人の若者が眼をらし、を固めて、に打つてらうとして居るのを、傍の老人がりにこれをつて居るところであつた。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
でも練習が始まってみると、さすがにけき文学少女団も、ライオンの前の兎のように温和しくなってしまった。
棺桶の花嫁 (新字新仮名) / 海野十三(著)
さん、二人揃っているところで一つ大に勉強を勧めてやって下さい。猛さんあたりの御説法はがありますから」
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
われ不朽の雙兒とともにめぐれる間に、人をしていとくならしむる小さき麥場、山より河口にいたるまでく我に現はれき 一五一—一五三
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
此の興世王と経基とは、共にの強いしい人であつたと見え、前例では正任未だらざるの間は部に入る事を得ざるのであるのに、して部に入つて検視しようとした。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
老僕の耳へ聞えるのは益々猛けり立つバルビューの声だけで、やがて其声は呪詛となり又しい怒罵ともなった。
物凄き人喰い花の怪 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
此文は尾佐竹さんの録存する所である。尾佐竹氏は今四谷区霞丘町に住んでゐる。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
ゆき子は怒りでもきけなかつた。伊庭の々しい態度に吐き気が来た。なる事ならば、このまゝ消えてしまひたい気持ちだつた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
おほかたを人とおもはず我くなりにけらしな忘られし君
舞姫 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)