“勇猛精進”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆうもうしょうじん66.7%
ゆうみょうしょうじん33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れる世に立って、わが真を貫徹し、わが善を標榜し、わが美を提唱するの際、拖泥帯水をまぬがれ、勇猛精進を固くして
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
翌日とも云わずこれから出掛けようと勇猛精進の大決心を起して台所まで飛んで出たが「待てよ」と考えた。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
なつかしい舊友の消息ではあるけれど、折角自分が勇猛精進の志を堅めて、随縁起行の功を積もうとして居るものを、不意に横あいから掻き乱そうとするのが、恨めしくもあり腹立たしくもあった。
二人の稚児 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)