“たけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タケ
語句割合
34.1%
19.0%
11.1%
6.7%
5.8%
4.4%
3.6%
2.6%
1.9%
身長1.6%
1.4%
1.2%
他家0.7%
0.5%
高価0.5%
0.3%
ヶ嶽0.3%
多気0.3%
0.3%
尺八0.2%
多景0.2%
0.2%
ヶ岳0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
松茸0.1%
不廉0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
尋長0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
神武0.1%
0.1%
背丈0.1%
脊長0.1%
0.1%
0.1%
身丈0.1%
身材0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
籠は上に、棚の高ければ、打仰ぐやうにした、の優しさ。の毛はひた/\と、羽織のに着きながら、肩もも細かつた。
印度更紗 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
そも/\和獣の王、くしてる。菓木皮虫のるゐをとして同類ず、田圃ず、すはたる時也。
笠森のおせんだと、いうとなくからわって白壁町までくうちにゃァ、この駕籠にゃ、人垣出来やすぜ。のう
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
大湯村と橡尾村の間を流るゝ川を佐奈志川といふ、ひとゝせ渇水せし頃水中に一の光あり、螢の水にあるが如し。
に及び、何者とも知れず氷りたる雪の上を歩む音あり。新左衛門小屋の中より之をふに、一丈余りの男髪は垂れて眼を蔽へり。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
り狂っている二人の耳には、その声が容易に聞えないらしいので、半七は舌打ちをしながら進み寄って、まず馬子の腕を押え付けた。
半七捕物帳:15 鷹のゆくえ (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
亡き勝家の怨念をなぐさめ、中入りの不覚の罪を、ひたすら詫びせん心底なり——と、平然として云い払うのでありました
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「何をしとっか。つッ。赤坂へ行くといつもああじゃっで……も武、も浪、実家実家じゃ。今時の者はこれじゃっでならん」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
頭のは山田屋か、損料はえがい物を持っているなア、これじゃアお母様の気に入らア、これからきましょう
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
湯から上がって、二人が板の間にすえてある器械の上に乗って、身長を測ってみた。広田先生は五尺六寸ある。三四郎は四寸五分しかない。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
日は高くを照らしている。の山を、こんもり隠す松の幹がことごとく光って見える。の時節である。豊三郎は机の上で今ったばかりの茸のいだ。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
前へ進みかけた虎は、そのまま大きく口をあけてりながら後肢で一寸立上ったが、直ぐに、どうと倒れて了った。
虎狩 (新字新仮名) / 中島敦(著)
その東隣が後に他家を買ひして広げた新塾である。講堂の背後が平八郎の書斎で、中斎と名づけてある。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
汝等手綱をとれるよりこのかた、拍車によりてめらるゝことなければ、見よこの獸のいかばかりくなれるやを 九四—九六
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
一軒のにこのくらい咲いた家は修善寺中に見当らねえだよ。——これをめるのは無銭だ。酒は高価え、いや、しかし、見事だ。ああ、うめえ。
山吹 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
黙つてへ載せてやると、直ぐ向う側の甲南市場へ駈け込んで、アンパンの袋との皮包を懐ろに入れて戻つて来て
猫と庄造と二人のをんな (新字旧仮名) / 谷崎潤一郎(著)
その考えは、ヶ嶽後方に見て木曾路を西へ急いで来る時の彼女の胸をったり来たりした。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
四 伊賀名張など三郡。南伊勢の鈴鹿河曲一志飯高飯野多気度会などの七郡。——それに尾張犬山城と、河田とは、秀吉へゆずること。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そがなかのの香りに
一握の砂 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
ここは、勤詮派の虚無僧が足だよりとする宿寺であるので、境内へ入ると、稽古の尺八一節切の音がゆかしくもれて聞こえた。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今まで忘れてゐた右舷の方の湖上に眼を放つと、多景島がやゝ近くに岩の上に立つてゐる堂塔の形を見せてゐる。沖の白石はその眞西にあたつて、今日も白帆を集めたやうに水の上に浮いてゐる。
湖光島影:琵琶湖めぐり (旧字旧仮名) / 近松秋江(著)
と、高い、頭髪をモヂヤ/\さした、眼鏡をかけた一人の青年が、反対の方から橋の上に現れた。静子は
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
町の中には険呑な空気が立罩めて、ややもすれば嫉刀が走るのに、こうして、朧月夜に、鴨川の水の音を聞いて、勾配やかな三条の大橋を前に、花に匂う華頂山、霞に迷う如意ヶ岳
皇孫彦火瓊瓊杵尊が、天照大神の神勅を奉じ、日向高千穂槵触に降臨されてから御三代の間は、九州の南方に在つて、国土を経営し、民力の涵養ると共に、周囲の者どもを帰服せしめ
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
物を茶屋をもる、いづれの処も平一の雪なれば、物を煮処は雪ををちらして火をば、雪のざる事妙なり。
然れども大倭の國に、吾二人にましてき男はしけり。ここを以ちて吾、御名を獻らむ。今よ後一一倭建の御子一二と稱へまをさむ
堅庭は向股に蹈みなづみ、沫雪なすして、稜威の男建、蹈みびて、待ち問ひたまひしく、「何とかも上り來ませる」と問ひたまひき。
山の芋、栗、甘柿、野葡萄松茸などの山の。もしや野山にしておわせられた戎衣(軍服)の日を思い出られて、珍しくもない物ながら、ふと、おなぐさみにもなろうかと存じまして
「これは、きつい仰せを」と、忠顕は苦笑し「——そのような昔ばなしはまずくといたしましょう。……ほ。香のよい松茸やら、種々な山のが、見事に台盤に盛られてございますな」
「えゝから、それよりか、そんなに不廉えことはねえで、なあ、つべえぢやねえか」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
やや二時間もたったと思うころ、あや目も知れないの中から、硫黄の山頂——右肩をそびやかして、左をなで肩にした——が雲の産んだ鬼子のように、空中に現われ出る。
生まれいずる悩み (新字新仮名) / 有島武郎(著)
森の香き胸に入る
草わかば (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
『何をするツ、貴様らこそ。』と、信吾はモウ夢中にり立つて、突然志郎と昌作を薙倒す。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
物見高いのは江戸の習いゆえ大勢人が立ちましたが、誰有って止める人も有りませんから、仙太郎の女房が見兼て中へ這入り、り狂っている侍に向い
かれおのもおのもおのが身の尋長のまにまに、日を限りて白す中に、一尋鰐二〇白さく、「は一日に送りまつりて、やがて還り來なむ」
ここを以ちて仁岐の命、初めて高千神倭天皇、秋津島に經歴したまひき。化熊川より出でて、天の劒を高倉に獲、生尾きりて、大き烏吉野に導きき。
如何年若なればとて盜賊はりは何事ぞ是にはな證據でも有ての事か是サ組頭默言て御座つてはますまいとり立れば組頭の周藏傳兵衞もれ居しが漸々進み出コレ藤八殿餘りきな聲を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
みて相應に打ける折々は重四郎をの相手となせしを以て重四郎は猶も繁々出入なし居しが偶然娘お浪の容貌しきを見初しより戀慕止難く獨りせしがそ我が思ひの
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
書紀によれば、大海人皇子は「まししより岐嶷なる姿有り、に及びて雄抜しく神武し」とある。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
霰ふるのまがきや子はほしき 道彦
俳句上の京と江戸 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
私が、一葉女史の「たけくらべ」をないしよで買ひもとめるのに、たけくらべ、竹くらべ、背丈くらべ、などと、ありつたけの當字を書いて、探しにやつたのもそれからぢきのことであつた。
日本橋あたり (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
と格子から一歩そとへ踏み出すと、いきなり日燒けのした脊長の高い男が、殆ど私と同時に格子をあけようと外から手をかけてゐるところであつた。私はすぐ「きやつだな」と心でさう感じた。
蒼白き巣窟 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
そのために、狂的な経済的好況が、日本のブルジョア階級を、踊りでも、食った人のように、夢中に止め度もなく踊り狂わせた。
海に生くる人々 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)
いや、御深切は難有いが、薬罐の底へ消炭で、くあとからめる処へ、氷で咽喉られそうな、あのピイピイを聞かされちゃ、身体にひびっがはいりそうだ。……持って来な。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
人波の上をぬきんでて、五寸あまりも身丈が高い。非常な長身といわなければならない。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
年紀二十六七と見えて、身材は高からず、色やや痩顔しげに口髭逞く、髪のひ乱れたるに深々と紺ネルトンの二重外套を立てて、黒の中折帽を脱ぎて手にしつ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
は手も足も肉落ちて、赭黒き皮のみぞ骸骨みたる。低く、禿げて、ばかりのいたる十筋右衛門は、略画るに似たり。も口も鼻も取立ててうべきあらず。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)