印度更紗インドさらさ
「鸚鵡さん、しばらくね……」 と真紅へ、ほんのりと霞をかけて、新しい火の※と移る、棟瓦が夕舂日を噛んだ状なる瓦斯暖炉の前へ、長椅子を斜に、ト裳を床。上草履の爪前細く※娜に腰を掛けた、年若き夫人が、博多の伊達巻した平常着に、お召の紺の雨絣の羽 …
作品に特徴的な語句
あかし おでこ 閃々ぴかぴか 引被ひっか さかさま 各自てんでん 退すさ よし あかり そま あい ひとつ おおき じょう 音信おとず うた はたき ことづか 日本やまと きり ちん 突立つきた つつ 真向まむ 矢張やっぱ 女神おんながみ 一寸ちょいと 外面おもて こう 帆柱ほぼしら 引合ひきあ みっ とざ 怪異けい ひらき 抜出ぬけで ことば おなじ きれ あおり つめた さかさ 白痴たわけ 真個まったく さる 如何いかが わか つち かげ ひっ いしびや くち 微妙いみじ 抽出ぬきだ ゆら いいえ 旅行たび 可哀あわれ あらた つか これ 出生うまれ やき こお 町通まちどおり とま それ みつ 先刻せんこく わき 矢張やっぱり 黒煙くろけぶり 薄煙うすけぶ 鮮血からくれない くるし 下僕かぼく ベル かさな かご くれない 遠方おちかた かさな 顔色かおつき 怜悧りこう ひま しろがね 恍惚うっとり 我朝わがちょう なまり ゆす 赫耀かくやく かか
題名が同じ作品
印度更紗 (旧字旧仮名)泉鏡太郎 泉鏡花 (著)