“仁岐”の読み方と例文
読み方割合
ににぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここを以ちて仁岐の命、初めて高千神倭天皇、秋津島に經歴したまひき。化熊川より出でて、天の劒を高倉に獲、生尾きりて、大き烏吉野に導きき。