海に生くる人々うみにいくるひとびと
室蘭港が奥深く入り込んだ、その太平洋への湾口に、大黒島が栓をしている。雪は、北海道の全土をおおうて地面から、雲までの厚さで横に降りまくった。 汽船万寿丸は、その腹の中へ三千トンの石炭を詰め込んで、風雪の中を横浜へと進んだ。船は今大黒島をかわ …
作品に特徴的な語句
ぱじ ちゃ くく うみ なあ 毛布げっと いと 天幕ウォーニン 中風ちゅうふう がしら どう ぜろ いか たけ どこ 糞壺ふんつぼ ざる ひか がわら ちり おり とど ほほ ざま げん ふな 当番ウアッチ かか くら たず 縁板へりいた のぼる かご やっこ おぶ おっと 空隙すきま くう とお せん けん 南瓜とうなす 傷所きず もと ともしび 便びん あな 拇指ぼし ねん かたわら 部屋べや 神寂かみさ 岩見いわみ 土蜂どばち おさ 地底じぞこ のが ふう から かばね 飛沫ひまつ けだもの 小倉おぐら 安井やすい ふん ともしび もや たず やみ 簀巻すま さき てい 仲間ちゅうげん 塵取ちりと つか たっと 仇敵きゅうてき 今日きょう