“小倉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こくら85.9%
おぐら9.4%
をぐら4.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
例の襯衣に、その単衣を着て、紺の小倉の帯をぐるぐると巻きつけたが、じんじん端折りの空脛に、草履ばきで帽はらず。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
青い小倉の職工服に茶色のオーヴァを羽織っていたが、オーヴァのボタンは千切れかかって危うく落ちそうにぶらぶらしているし
ててもかれず、うしたとくと、「どうもなんですよ。」と不思議がつて、わるく眞面目をする。ハテナ、小倉色紙や、一軸先祖からないだ。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)