津下四郎左衛門つげしろうざえもん
津下四郎左衛門は私の父である。(私とは誰かと云ふことは下に見えてゐる。)しかし其名は只聞く人の耳に空虚なる固有名詞として響くのみであらう。それも無理は無い。世に何の貢献もせずに死んだ、艸木と同じく朽ちたと云はれても、私はさうでないと弁ずるこ …
作品に特徴的な語句
まじはり たゞ よつ れつし つゝし たゝ かうむ あらは あづか まじは たけき きこえ いやしくも いう この あづか さかん 寡言くわげん まけ こゝ いづ 此間このかん かたはら しや ひとへ 相済あひすま かたはら あきらか とも せつ とゞ だん かの 仕事つかまつること もつて づゝ かん たゞ ならひ いさゝか ばく てう 蔵匿ざうとく よこたは あら うかゞ かく おぼ よはひ もつとも 寡婦くわふ 威嚇ゐかく てつ すき 流寓りうぐう とゞこほ はこび いにしへ くゞ すなはち やゝ 相識さうしき くら 入牢にふらう つかまつり わづか あひ そゝ いふ くわい つひ 饒舌しやべ くは あた ほとんど たくまし もし いだ あはれ 城址じやうし 残惜のこりを 障礙しやうがい 基督きりすと 惘然ばうぜん 如此かくのごとき 微笑ほゝゑ まばら 御内おんうち 女御にようご むすめ 悪戯いたづら おろか