“旦波”の読み方と例文
読み方割合
たには100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旦波比古多多須美智能宇斯が女、名は兄比賣弟比賣、この二柱の女王、淨き公民にませば、使ひたまふべし」
大毘古の命高志に遣し、その子建沼河別の命をの方十二に遣して、そのはぬ人どもを言向けさしめ、また日子坐をば、旦波の國に遣して
若倭根子日子大毘毘の命春日伊耶河の宮にましまして、天の下治らしめしき。この天皇、旦波大縣主、名は由碁理竹野比賣に娶ひて、生みませる御子、比古由牟須美の命一柱。