“旦那方”の読み方と例文
読み方割合
だんながた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旦那方」と千本のあるじの和助が前へ出て来た、「おめえさん方あその子供をそのまま連行するつもりかえ」
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
し器械的に働いてゐる船頭は、次第に醒覚して来て、どうにかして早くこの気味の悪い客を上陸させてしまはうと思つた。「旦那方どこへおりなさいます。」
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
はい、……えゝ、東京からござつた旦那方のつもりで相談たしつた。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)