“納豆汁”の読み方と例文
読み方割合
なっとうじる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寒さもまさり来るに急ぎ家に帰ればれかかりたる火桶もなつかしく、風呂吹納豆汁御馳走は時に取りての醍醐味、風流はいづくにもあるべし。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)