“大寒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だいかん50.0%
おほさむ25.0%
たいかん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あれは私が弘前の高等学校にはいって、その翌年の二月のはじめ頃だったのではなかったかしら、とにかく冬の、しかも大寒の頃の筈である。
チャンス (新字新仮名) / 太宰治(著)
で——の……危篤……生涯一大事電報で、一月いまだ大寒に、故郷駈戻つたは、汽車をあかして、敦賀から、だつたが、武生まででれた。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)