“牡蠣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かき98.7%
カキ1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
学者の例証するところによると、一大口魚が毎年生む子の数は百万疋とか聞く。牡蠣になるとそれが二百万の倍数にるという。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
フランス人にわせれば牡蠣だって形は感じのいいものではない。ただ牡蠣は水中に住み、蝸牛は地中に住んでいるだけの相違だ。
異国食餌抄 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
このムギナデシコは欧州では Salsify, Vegetable-Oyster(植物牡蠣)Oyster-Plant(牡蠣植物)Oyster-root(牡蠣根)Purple Goat's-beard(紫山羊髯)Jerusalem Star(「エルサレム」ノ星)Nap-at-Noon(昼寝草)といわれ
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)