“松茸飯”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まつだけめし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“松茸飯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
叔母は真事の立ったあとへ坐って、さっさと松茸飯まつだけめし手盛てもりにして食べ始めた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
松茸飯まつだけめし 秋付録 米料理百種「日本料理の部」の「第二十三 松茸飯」
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)