“刈田”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かりた60.0%
かった40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
庭やはたけで遊ぶと叱られるから田へ行くだけでなく、全く刈田かりた頃合ころあいの柔かさを、さがしてでも子どもはそこへ集まったのである。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
こがらし刈田かりたのあとの鉄気水かなけみず 惟然いぜん
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
一方が広々とした刈田かりたとの境に、垣根もあったらしいが、竹も塀もこわれごわれで、朽ちたくいばかり一本、せめて案山子かかしにでも化けたそうに灰色に残って、尾花が、ぼうと消えそうに、しかし陽を満々と吸って、あ、あ、長閑のどか欠伸あくびでも出そうに、その杭にもたれている。
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
片倉小十郎(景長)は、刈田かった郡白石城、一万七千石あまりの館主たてぬしで、家格は「一家」に属し、小石川堀普請の奉行を勤めている。
阿保原の地蔵は刈田かった郡にあるというが、私はまだまいったことも無くまた書物などでも見たことがない。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)