“春潮”の読み方と例文
読み方割合
しゅんちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
浮世絵風俗画は鈴木春信勝川春章鳥居清長より歌麿春潮栄之豊国の如き寛政の諸名家に及び円熟の極度に達せし時
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
春潮といへば必ず門司を思ふ
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
歌麿春潮栄之豊国ら近世浮世絵の諸流派はく清長が画風の感化をりたるものにして、浮世絵は清長及びそが直接の承継者歌麿の二人に及びてその最頂点に達したり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)